お役立ち生活情報館

《入居人さん向け》退去トラブルSTOP/お役立ち情報コーナー

お見積り・問い合わせ 
料金のご案内
トップページ

お引越しで荷物廃棄でお困りなら
引越し+荷物整理+廃棄+お掃除
トータルでできるのでお安くご提供
片付け屋ライフサービスの荷物整理チーム

退去トラブルお役立ち情報コーナーを設けました!退去時のトラブルを防ぐためのアドバイスや解決策を提供しています。賃貸契約解除や敷金・礼金の返還、クリーニングの注意点など、身近な問題に対応。専門家のアドバイスも掲載し、スムーズな退去をサポートします。困ったときはお気軽にお立ち寄りください!

退去立ち合い、気まずい?。原状回復①高額請求?②請求を放置

ポイント

「原状回復義務」とは、賃貸契約終了時に、借主(入居者)が借りた物件を入居前の状態に戻す責任・義務のことを指します。つまり、借主は、入居時に修繕・改修された部分や設備などを元の状態に戻す必要があります。原状回復義務は、借主が物件を使用している間に生じた通常の使用による摩耗や劣化は含まれず、入居時の初期状態に戻すことが求められます。例えば、壁紙の補修、床材の交換、塗装の再施工、設備の修理や交換などが原状回復の一部として考えられます。詳しく読む

=退去後の原状回復アドバイス実施中=
お部屋片付けをご利用のお客さま限定:現状回復診断は、部屋の使用年数を考慮し、傷や汚れなどについて大家さん側からの想定される原状回復請求を推定し、それに対する対処法を無料でアドバイスするサービスです。お客様が後々困らないよう、事前に可能なトラブルを予測し、適切な対策をご提案いたします。

原状回復費の請求が怖いからといって、やっていけないこと

ポイント

家・部屋を借りて住んでいる場合、退去時に大家さんから原状回復費用の請求があるかどうか心配になることがあります。特に部屋をゴミ屋敷にしてしまった場合は、その心配が一層大きくなるでしょう。ゴミ屋敷になってしまった部屋の掃除代や、夫婦喧嘩で壊したドアや壁など、借主の責任で退去時に修理する必要のある費用が請求されることは明らかです。これらの修理費用を借主が負担することを、一般的に原状回復費用と呼んでいます。詳しく読む

遺品整理や家財処分をお安くできるご提案/事例付き

ポイント

当社では、料金を家財の処分する量・処分の内容・作業条件の3つを考慮に入れて計算しご案内しております。算定にあたっては、ベテランのスタッフが査定を行いバラつかない安心料金でご案内しております。お客さまの中には、ご予算が合わない、安くしてほしいという方に、お客さまとお話しし最適なプランをご提案いたしますので、スタッフにお申し付けください。
料金の経済効果を目安として表示しておりますが、保証するものではありません。お客さまが無理せずに自身でできる範囲をご案内し、料金に反映されます。詳しく読む

アパート退去で必要な6つのポイント

ポイント

アパート退去で最低限行うポイントは、6つです。①解約届②公共料金の停止③残置物の撤去④退去掃除⑤郵便郵便物の転送です。「経つ鳥跡を濁さず」のことわざのようにアパート退去の時は、きれいに、きちんとして明け渡しを行いたいものです。こちらのカデゴリーでは、賃貸の退去でスムーズに行うために最低限、これだけやれば、大丈夫というポイントをご紹介しております。引越して後で大家さんともめたりしないためにこれだけは、行っておきましょう。詳しく読む

賃貸住宅の遺品整理の注意点をご案内

ポイント

故人の家財は、死亡した時点で相続人も所有物と考えられます。大家さんも連帯保証人も家財を処分し、勝手に部屋を解約することは、できません。相続人が自ら家財を処分するか持ち帰るなどして明け渡しをする必要があります。家財を運び出して部屋を解約しないと、相続人や連帯保証人は、家賃の支払いから逃れることはできません。いずれにしても相続人は、早めに遺品・家財を処分することが賢明です。詳しく読む

賃貸住宅で遺品整理を、ムリなく、経済的に進めるには?

ポイント

賃貸住宅にお住いのお身内の方がお亡くなりになると。自己所有の方と違い、お部屋の退去を意識して遺品整理を進めなくてはいけません。何かとあわただしく遺品整理を進めることになりますので、遺品整理に関与するご遺族の方全員が「何をするべきか」を理解し協力することが大切になります。そのために、ご遺族の方は、進め方を知っておく必要がありますので、ぜひ参考にしてください。詳しく読む

不動産管理会社へ、退去に関する質問をしてみました

ポイント

以下は、不動産管理会社に対して退去に関する一般的な質問とその回答です。
質問1:退去する場合、どのような手続きが必要ですか?
回答:退去する場合は、通常、退去の意思を早めに不動産管理会社に通知する必要があります。また、契約書に定められた通知期間を遵守する必要があります。通知期間は契約によって異なる場合がありますので、契約書を確認してください。ただ、一般的に住宅の場合では、1から2か月が多いようです。家賃は、日割り計算で生産を行われますので、月末を待たないで退去日を決めましょう。詳しく読む

賃貸退去トラブル事例を大家さん・賃貸人双方から調べてみました

ポイント

賃貸退去に関するトラブルは、大家側と賃借人側の両方から発生することがあります。消費生活センター(国民生活センターの上位組織)によると、報告されるトラブル件数は年々増加傾向にあるというデータがあります。消費生活センターは、消費者に対して「住み始める時から、いつか出ていく時に備えておこう」というキャッチコピーで啓蒙活動を行っています。これは、入居時から退去時までの間に生じる問題に対して事前に対策を講じる重要性を訴えるものです。これにより、入居者と大家の双方がトラブルを未然に防ぐことができる可能性が高まります。詳しく読む

部屋退去で大家の請求無視したら。逃げられる?。その後の行方まで

ポイント

今回は、この請求に対して賃貸人は、①納得できたから支払いする②納得できるけど支払うお金がない③内容に不服がある。の3つから判断を行うことになりますが、②と③の場合支払いせずにバックレ続けたらどのようになるかがテーマになります。詳しく読む

賃貸住宅の原状回復費用は、正しく理解し安心退去しよう

ポイント

原状回復とは、借りていたお部屋を、契約に定められた使用方法に従って通常の使用をしていた場合には、経年劣化があってもそのまま返還すればよいという定義です。具体的には、お部屋の中の家財をすべて撤去することや、入居人が善管注意義務(丁寧に部屋を使うこと)を違反した場合には、その費用を負担することが含まれます。契約終了時には、原状回復を行い、お部屋をもとの状態に戻すことで、所有者や管理会社による点検や次の入居者への提供がスムーズに行われるようになります。詳しく読む

原状回復トラブルの交渉・和解・賢い解決法

ポイント

現状回復トラブルの解決には、適切な交渉とそれが重要です。 適切な立場を選びつつ、双方の要望を聞きながら問題を分析し、公平な解決策を見つけることが賢明です。 、証拠や和解書を活用し、戦いをどちらかにし、公平な補償や修復案を提案することで円満な解決が可能です。ポイントです。詳しく見る

アパート・マンション上手な退去のための手順テクニック

ポイント

スムーズなアパートやマンションの退去を実現するためには、以下の手順とテクニックが重要です。まず、退去予定日を早めに通知し、契約書や規約に基づく手続きを確認します。部屋の掃除や修繕を行い、原状回復を心掛けましょう。 退去の際には立会いを依頼し、不明な点を解消します。 また、退去後の立ち会いでトラブルを防ぐため、写真や動画で部屋の状態を記録しておくことも大切です。 家具や設備の移動に関しては、正しい方法を選んで破損を極力抑えます。退去手続きが完了しましたら、必要な書類の整理を行い、敷金や家賃の返還をスムーズに受け取れるよう手配します。詳しく見る

お役立ちミニ情報コーナー

退去立ち合いでサインを求められたら
原状回復の金額に納得がいかない、また、金額がはっきりしないのにサインを求められたら。その場でサインをしないようにします。サインしてしまうと承諾したということになります。金額に納得いかないなら、「持ち帰って、相場を調べて返事します」と。また、金額など書かれていない(例えば、ドアの取り換え代金は全額負担する)など不完全であれば、「金額を書き込んでからにしてください」と断りましょう。

敷金返還や修理代請求トラブルの無料相談先
入居者さんが退去のトラブルで相談したい場合は最寄りの消費生活センターのご利用がお勧めです。消費生活センターは、消費者トラブルの解決や消費者保護に関する相談に応じる行政機関です。相談は無料で受け付けており、専門の相談員が丁寧に対応してくれます。相談には、電話やメール、直接窓口での相談など、様々な方法があります。また、一部の消費生活センターではオンライン相談も受け付けている場合がありますので、自分に合った方法で相談することができます。こちらのコーナーで解説

運営(一社)家財整理センター

業歴20年・年中無休:クレーム0更新で安心
遺品整理・荷物整理・ゴミ屋敷片付け・家の片付けとメンテナンス
本店:埼玉県入間市上藤沢881-1
法人番号9030005020032 インボイスT9030005020032
首都圏本部:東京都北区赤羽1-7-9 赤羽第一葉山ビル4階 
トップページ組織案内料金のご案内

お問合せ お電話・メールはこちらから

主な取引実績(敬称略)

  • 不動産関連実績
    日税不動産情報センター・ミサワホーム東関東千葉支社・積水ハウス・住友林業ホームサービス調布店・京友不動産・大成有楽不動産・セキスイハイム不動産・東急リバブル・ドリームオン不動産・岡三興業など多数
  • 福祉関連実績
    獨協医科大学埼玉医療センター・東大和病院・久米川病院・行徳中央病院
  • 生活福祉関連
    板橋区志村福祉事務所・東村山市役所・所沢市役所・新座市役所・志木市役所・西東京市役所・川越市役所・坂戸市役所・ふじみ野市・東久留米市役所・春日部市役所・越谷市役所・草加市役所・川口市役所・川崎市役所・座間市役所・横浜市役所・さいたま市役所その他

【編集部ご案内】
失敗しない遺品の上手な換金法のご案内身内の方に認知症の方がいるご家族へ、実家売却大丈夫?当社の立会い無し片づけ|明け渡し代行サービスゴミ屋敷の目立たない作業は、お任せください 

お問合せは、こちらから

お問合せは、年中無休でお受けしています。
※お電話は、午前8時~午後7時

東京で部屋の退去の片付け業者をお探しの際は、=港区の片付け屋をご指名ください=
当社では、港区や周辺地域(世田谷区、目黒区など)に専門的なサービスを提供しています。立ち合いながらの片付けはもちろんのこと、お客様の時間の制約や遠方にいる方にも対応可能なお立合いなしサービスもご用意しております。また、退去手続き代行サービスも提供しており、お客様の手間を最小限に抑えながら、スムーズな退去手続きを行います。経験豊富なスタッフが迅速かつ丁寧に作業を行い、お部屋を綺麗に片付けます。安心してお任せいただけるサービスを提供しておりますので、お気軽にご相談ください。➡店舗案内

-お役立ち生活情報館