料金案内

お見積り・問い合わせ 

弊社の価格ポリシー

当社では、お客さまに誤解を招くような表示を行わないように消費者庁で公開している景品表示法のガイドラインを守り「日本一」「業界最安値」「リピート率98%」など根拠のない数値・表見の掲載を行わず、ホームページで掲載している公開している料金相場は、最低価格の表示でなく平均価格を表示しております。また、メールやお電話で概算見積もりをご案内するときには、なるべくお客様の作業条件やゴミの量などの把握に努めより現実に近い価格のご案内に努めています。また、最近トラブルが多い「定額パック料金」を採用しておりません。

料金計算の基本

片付け料金の計算は、①処分する不用品・ゴミの量、②処分する不用品・ゴミの内容、③積み込み作業にかかる時間の3つの要素を考慮にして料金が決まります。この計算の考えは、決して当社のみのものではなく同業者であればほぼ同様に計算しています。

処分する不用品・ゴミの 量の計算

お部屋を片付ける際にどの程度の不用品やゴミを処分するか、処分する量が多いほど処分費用がかかるのでお客さまに負担していただく費用は多くなります。この処分する量の計算の算定には、縦×横×高さ=体積を使いますが、多くの業者では、トラックの荷台の体積を基準を採用しています。

処分する不用品・ゴミの量は、トラックの荷台を基準に算定

ただ、トラックも軽トラック、750K積みトラック、1トントラック、1.5トントラック、2トントラック、3トントラックなどがあります。この軽トラックや1トントラックという表示は、荷台の体積を正しく表すものではなく荷物の積み込む重量の制限を表していますが、私たちでは、お客さまにわかり易いトラックの積載重量で表示します。トン数=積載量ではないのですが、積載重量が大きくなると荷物の量も大きくなる傾向にありますからあながち間違いでもありません。

積み込み方で大きく処分量が異なります

処分する量は、料金の構成で最も大きい割合を占めますので、悪徳業者からごまかされないよう十分に注意したいものです。次の2枚の写真は、同じ1.5トントラックです。左のトラックには、右のトラックのようなコンパネのあおり板を使っています。多くの格安料金表示では、あおり板を使わないで満載という表現を使います。勿論、どちらも積み込みの仕方の違いであって不当表示ではありませんが、積載量は、2.5倍程度の違いがでますので、注意しましょう

処分する不用品・ゴミの内容の判定

お客さまからお預かりした不用品・ゴミは、多くはコストをかけてリサイクルされます。タンス類は、最終的に細かく裁断され燃料として、家電類もリサイクルされ資源として再利用されたり、衣類・生活用品の一部は、東南アジアなどに輸出されます。現在は。環境保護の観点からコストをかけて再利用に努めています。ゴミの中でも再利用に手間のかからない廃棄物もあれば、コストが高い廃棄物もありますので、料金の計算に組み込まれます。

料金の高い不用品・ゴミとは

ゴミとしてリサイクルコストの低い廃棄物ほど料金はお安くなり、リサイクルコストが高い廃棄物は料金が高くなるのですが、業者によって廃棄物の処理業者の取引が異なるために一概に言えませんが、概ね次の様な物が高く、次のようなものが低いとと言えます。

高いリサイクル費がかかるもの➡生ゴミ・飲料水・ブロック・土・スプレー缶・灯油・ペンキなど
比較的リサイクル費が安いもの➡本などの紙くず・衣類・箪笥・家電など

積み込み作業にかかる時間

不用品・ゴミは、お客さまのところに出向きトラックに積み込みますが、積み込みは、さまざまの方つがあります。ゴミが玄関先に出ている物をトラックに積むケース、階段を使ってゴミを下ろしトラックに積むケース、お部屋で不要なゴミを袋に詰めてトラックに積むケースなど多様な作業があり、作業時間も異なってきます。当然処分する量が同じでもトラック積み込みするまでの時間は異なります。時間がかかるケースではスタッフの人件費もそれだけ多く必要ですから料金に反映されます。

価格に反映される作業条件とは

▶階段で搬出するケースは、割高になります▶玄関より離れた距離にトラックを停める場合は、割高になります。▶重量物は、搬出に時間かかるので割高になります。▶解体する場合は、解体費がかかり割高になります。

料金計算の実際

実際の料金の算定は、トラックの台数×処分単価=処分費用で計算されます。トラックの台数は、廃棄物の量を表し処分単価は、廃棄物のリサイクル費に積み込むまでの作業費が組み込まれて計算されます。

小ロットの廃棄物の処分料金の計算

冷蔵庫・洗濯機などの不用品の回収では、回収量が少ないので、廃棄物毎の単品計算が行分けます。部屋の片付けでは、廃棄物の量が多く、作業時間もかかるたので単品計算を使わずにトラックを基準にした料金表示で行われます。

小ロットの廃棄物に用いる単品回収料金

冷蔵庫・洗濯機などの小ロットの廃棄物処分料金の算定は、単品計算で行われます。ただ、この料金の計算には、出張費が一律加算されることが多く、当社でも単品計算の料金では、出張費の計算は行っております。一般的には、出張費(一回お伺いする費用)3,000円と単品の処分料金で計算しています。

単品計算に用いる料金表

当社で用いている単品回収料金表の一部
大の箪笥類は、幅と高さがいずれも120cm以上のもの(食器棚、整理ダンス、洋服ダンスなど)➡4,000円~
中の箪笥類は、幅と高さがいずれか60cm以下のもの(ベビー箪笥、ローテーブル、チェスト、食卓なと)➡2,000円~
小の箪笥類は、幅と高さがいずれも60cm以下のもの(テレビ台、鏡台、椅子、など)➡500円~  
家電などの回収処分大・中・小・(5,000円・3,000円・2,000円・1,000円)大の家電類は、洗濯機、テレビ(30インチ以上)、冷蔵庫、エアコンなどで一人では、運べないもの➡3,000円~
中の家電類は、乾燥機、テレビ(30インチ以下)など➡2,000円~
小の家電類は、掃除機、電気釜、CDプレイヤー、扇風機など➡1000円・500円~
冷蔵庫(4,800円)・エアコン(3,700円)・洗濯機(2,500円)・テレビ(3,000円)・パソコン(3,000円)のリサイクル料金は、必要ありません。
生活用品・ゴミ類などの家庭ごみ回収処分ゴミ袋45リッタ➡500円~1,000円 重量が3kを超える場合は、割り増しになります
本のみ・衣類のみのゴミ➡1袋500円~ 重量が3kを超える場合は、割り増しになります。
不燃・可燃の混載ゴミ➡1袋800円~ 重量が3kを超える場合は、割り増しになります。
生ゴミ、食べ残しのゴミ➡1袋1,000円~3,000円 重量が3kを超える場合は、割り増しになります。
70リッター、90リッターのゴミ袋の利用の場合➡1,000円~2,000円
ベット・マット・ソファーなどの大型特殊の粗大ゴミ➡5,000円~
物置などの解体処分は、解体作業代金が加算されます。電子ピアノ、マッサージチェア、介護用ベットなどは、重量や構造をお聞きし、階段搬出の状況を考慮してお値段を算出いたします。 
消化器・タイヤ・土・ブロックなどの小型の家庭ゴミ➡1,000円~

部屋の片付けで使われるトラック満載基準料金

遺品整理やゴミ屋敷の片付けなどに用いる料金計算は、廃棄物一点づつ計算するのではなく、廃棄物の総量で計算されます。総量の計算にあたって多くは、2トントラック0台というようにトラックの台数を基準にします。この場合、冒頭でお話ししたように ①処分する不用品・ゴミの量、②処分する不用品・ゴミの内容、③積み込み作業にかかる時間の3つ を勘案して決めています。

トラック料金で使われる単価

当社ではトラックは、2トン平コンパネのあおり積みがほとんどですので、これを基準に料金を決めご提案しております。2トンあおり積みの場合は、体積で計算すると4.2㎥になります。これを基準に現場ごとの状況から単価を算出し、必要なトラックの台数を計算し料金を算出します。

トラック別料金=トラックの台数×単価×消費税率

箪笥などの粗大ゴミが多い

箪笥などの粗大ゴミは、搬出する時間も短くて済み作業時間は、短時間で済みます。エレベーターの無い4.5の階段から降ろす場合は別として最もお安い単価料金になります。単価70,000円程度になります。

家財・生活用品全般の場合では

お部屋の片付けの場合で、生活していた家具・家電・生活雑貨など丸ごと片付けるケースは、平均単価100,000円程度です。ただ、階段などの搬出状況や廃棄物に食品などを条件が良くない場合は、5,000円から10,000円単価がアップすることがあります。

ゴミ屋敷の片付けの場合では

いわゆるゴミ屋敷の片付けでは、廃棄物も処分するコストも多く、分別するスタッフの作業時間も最もかかるために平均単価は、130,000円前後になります。エレベーターがない部屋であったり、トラックを停めるところが遠い、生ゴミが多いなどのケースでは、15,000円~20,000円ほど単価にプラスされることになります。

遺品整理・生前整理の間取り別料金

多くのお客さまは、お部屋の廃棄物の量を自ら把握し計算することは難しいです。そのため遺品整理やゴミ屋敷片付けをお間に行っている当社のような業者では、お客さまに予算が組み立て易いように間取り別料金をご案内しています。(ただ、多くの業者さんの表示では、集客に有利になるように実際の価格より最低の価格を表示しているケースが多いのでご注意ください。

間取り別部屋丸ごと片付け料金

遺品・家財整理の料金は、間取り別でご案内しております。参考価格は、生活していた状況でほぼ家財や荷物と生活ゴミを丸ごと片付ける料金をご案内しています。お客さま自身で片付けを行っている場合は、ご案内価格よりお安くなります。

1K程度の間取りの平均料金

【1K荷物すっきりタイプ】
1階なら50,000円 3階以上エレベーター無しなら75,000円
【荷物多く、散らかり部屋タイプ】
1階なら75,000円 3階以上エレベーター無しなら100,000円
◆荷物・家財の量の算定は、2トントラックで換算します。
◆ゴミの内容は、細かの者が多いと単価は、少し割高で、粗大ゴミが多いと、単価は、安くなります。
◆作業条件は、一階が安く、エレベーターがないケースでは、割高になります。

2K程度の間取りの平均料金

料金は、荷物の量・ゴミの内容・作業条件で異なります。
【荷物すっきりタイプ】
1階なら150,000円 3階以上エレベーター無しなら175,000円
【荷物多く、散らかり部屋タイプ】
1階なら200,000円 3階以上エレベーター無しなら250,000円
◆荷物・家財の量の算定は、2トントラックで換算します。
◆ゴミの内容は、細かの者が多いと単価は、少し割高で、粗大ゴミが多いと、単価は、安くなります。
◆作業条件は、一階が安く、エレベーターがないケースでは、割高になります。

3DK程度の間取りの平均料金

料金は、荷物の量・ゴミの内容・作業条件で異なります。
【一戸建て荷物すっきりタイプ】
外回り無しなら250,000円
【荷物多く、散らかり部屋タイプ】
外回りありなら350,000円

一軒家のタイプの平均料金

【一軒家で荷物ぎっしり収納の家】
4DKの間取りに荷物ぎっしり目なら400,00円から500,000円
◆荷物・家財の量の算定は、2トントラックで換算します。
◆ゴミの内容は、細かの者が多いと単価は、少し割高で、粗大ゴミが多いと、単価は、安くなります。
◆作業条件は、一階が安く、エレベーターがないケースでは、割高になります。

ゴミ屋敷・汚部屋の片付けの間取り別料金

多くのお客さまは、お部屋の廃棄物の量を自ら把握し計算することは難しいです。そのため遺品整理やゴミ屋敷片付けをお間に行っている当社のような業者では、お客さまに予算が組み立て易いように間取り別料金をご案内しています。(ただ、多くの業者さんの表示では、集客に有利になるように実際の価格より最低の価格を表示しているケースが多いのでご注意ください。

ゴミ屋敷の間取別片付け料金

ゴミ屋敷の料金の場合は、単に間取りだけでゴミの量を把握することができません。間取りは、概ねの広さを推定てきますが、ゴミ屋敷になるとゴミの量がまちまちでこのゴミの量を把握しないと料金の目安が分かりませんので、間取りとゴミの量を計算して概算値を把握し料金を計算します。

1Kタイプとゴミの量による料金

◆散らかっている生活ゴミを片付けとお掃除⇒100,000円
スタッフ1名、作業時間5時間、2トントラック8割程度
◆玄関から寝室まで平均膝下程度のゴミの片付けとお掃除⇒200,000 円
スタッフ2名、作業時間4時間、2トントラック1.5台満載
◆ゴミが平均腰高まで積みあがっているゴミ片付けとお掃除⇒400,000円
スタッフ3名、作業時間4時間×2日間、2トントラック3台満載
◆ゴミが平均肩高まで積みあがっているゴミ片付けとお掃除⇒600,000円
スタッフ3名、作業時間5時間×2.5日、2トントラック5台満載

2Kタイプとゴミの量による料金

◆散らかっている生活ゴミを片付けとお掃除⇒150,000
こちらの料金は、床が見えたり、見えなかったりの散らかっている状態のゴミ屋敷です。
スタッフ2名、作業時間5時間、2トントラック1台程度のケースです。
◆玄関から寝室まで平均膝下程度のゴミの片付けとお掃除⇒400,000
こちらのケースは、床が見えずに、ゴミの上を歩いて生活している状況のケースです。スタッフ3名で2日程度、2トントラック3台ほどのゴミの量です。
◆ゴミが平均肩高まで積みあがっているゴミ片付けとお掃除⇒600,000
 玄関を開け部屋に入るには、よじ登るようにして入ります。トイレなどのドアは、ゴミで空きません。
スタッフ3名で2~3日程度、2トントラック5台ほどのゴミの量です。

3Kタイプとゴミの量による料金

散らかっている生活ゴミを片付けとお掃除⇒200,000円
こちらの料金は、床が見えたり、見えなかったりの散らかっている状態のゴミ屋敷です。 スタッフ3名、作業時間5時間、2トントラック1.5台程度のケースです。
◆玄関から寝室まで平均膝下程度のゴミの片付けとお掃除⇒600,000円
こちらのケースは、床が見えずに、ゴミの上を歩いて生活している状況のケースです。スタッフ3名で2~3日程度、2トントラック5台ほどのゴミの量です。
◆ゴミが平均肩高まで積みあがっているゴミ片付けとお掃⇒800,000円 
玄関を開け部屋に入るには、よじ登るようにして入ります。トイレなどのドアは、ゴミで空きません。 スタッフ3名で3~4日程度、2トントラック6台ほどのゴミの量です

一軒家などのゴミ屋敷や台所などの部分料金

一軒家などお部屋が広いケースでは、ゴミの量がまちまちで、平均化することができずご案内できません。お電話、現地見積が必要になります。台所周り、リビング。寝室、子供部屋など部分的なゴミの片付けは、お電話など別途ご案内しております。お気軽にお問合せください。

(ご注意)生ごみが非常に多い、駐車スペースが確保できないケースも多くみられます。生ごみが多いケースや搬出の条件が悪いと料金が10~20%程度割高になりますので、ご注意ください。

ご予算が不足する方へ・厳しい方へ

不足する資金は、分割払いをご利用ください

ご案予算が不足する方は、自社のローンのご利用が可能です。一定の条件がありますのでこちらをご覧ください 

料金をお安くできるご提案

ゴミ屋敷片付けのご案内は、こちらから遺品整理のご案内は、こちらから

お客様の声・口コミサイト

たくさんのお客様の口ゴミ投稿を公開しております

不用品・ゴミ回収と一緒にご提供できるサービス

エアコン取り外し工事・物置解体工事・給湯器やバランス釜撤去工事・大型家具の解体搬出作業・庭の枝切りと草取り・お引越し・ハウスクリーニング・クロスの張替えなどのリフォーム工事などもご一緒に。

MENU

料金案内
組織案内
よくいただく質問&回答
ゴミ屋敷・ゴミ部屋のお掃除は、他社とここが違います
よくいただく質問&回答
原状回復費の請求が怖いからといって、やっていけないこと
不動産会社さま・成年後見任さま専用ページ
営業エリア案内
プライバシーポリシー