家の片付けお役たち情報

ゴミ屋敷業者に清掃を頼むの恥ずかしい。近所にバレるのも嫌だ

不安と対策シリーズ
(1)ゴミ屋敷業者に対する料金の不安と"お客さんができる対策"
(2)ゴミ屋敷業者に頼んでも仕上がり・作業が不安なら、この対策で
(3)ゴミ屋敷業者のスタッフ態度悪くない、プライバー大丈夫?その対策は

お見積り・問い合わせ 
料金のご案内
年中無休で営業・受付。時間外・緊急でも見積もりできて便利

汚部屋を他人に見せて恥ずかしいのは、自然な気持ち
ゴミ屋敷にしてしまい、その部屋の様子を他人の見せるのは、耐え難く恥ずかしいと思う方が多いようです。これって、ゴミを溜めて散らかしていても平気な方より、恥ずかしく思う方が自然なのかもしれませんね。こちらのコーナーでは、部屋にゴミを溜めてしまい、何とかしたいけど、業者さんと顔合わせるのが恥ずかしいので、躊躇している。また、頼んで大家さんや近所の人に知られたら、恥ずかしくてここに住んでいられなくなると心配で、業者に頼めないという方にいくつかの対策や進め方を当社で行っている方法をもとにご案内しましょう。

ゴミ屋敷を人に頼むの恥ずかしいなら
ご自分で挑戦しよう

ご自分で片付けるなら

恥ずかしいなら"立ち合い無し"で進めましょう

顔を合わせないで行えるなら、恥ずかしい思いをしないで済みますね。でもそのためには、注意することもありますので、慎重に進めてください。手はあり次第進めていくのは不用心ですから。
これからのご案内する方法は、信頼できる業者さんを選定することが前提です。

お立会いしなくても安心のシステム

ご利用いただく際にご満足いただける結果を提供するために、立ち会いなしでもお客様と連絡手段を確保し、基本の流れをしっかりと抑えながら作業を進めています。まず、お問い合わせに基づいて詳細な見積もりを作成します。次に、作業の開始前に残す物や探してほしい物のリストを確認し、具体的な作業内容を打ち合わせます。作業中はお客様のご要望や特別な指示をしっかり受け取り、必要に応じて連絡を取ります。作業完了後は、写真やメールで結果を報告し、確認をしていただきます。このように、立ち会いなしでもお客様に安心していただけるよう、綿密な連絡と確認を行いながら進めております。これにより、お時間が取れない方や恥ずかしさから業者に頼めなかった方でも、安心してゴミ屋敷を片付けることができます。

お客さまとの連絡手段の選択と時間帯の配慮

お客様との連絡手段の選択と時間帯の配慮は、作業をスムーズに進めるために欠かせません。ストレスなく連絡を進めるために、お客様に最も利用しやすい方法をお選びいただけます。具体的には、以下の手段から選択いただけます:

  1. 電話
  2. 携帯のシートメール
  3. ライン
  4. Eメール

これにより、各お客様のライフスタイルに合わせた連絡手段を提供し、円滑なコミュニケーションを実現します。また、お電話や緊急連絡が必要な場合には、お客様が対応できる時間帯を事前に申告していただくことで、その時間帯に合わせて連絡を行います。こうした配慮により、お客様にとって負担の少ない形でスムーズに作業を進めることが可能となります。このような対応を通じて、お時間が取れない方や恥ずかしさから業者に頼めなかった方でも、安心してゴミ屋敷の片付けを依頼できる環境を整えております。

お客さまとは、お見積りから完了まで専任者で安心

お立会いなしでも、専任制で対応しています。お客様からのやり取りは直接担当者につながるため、連絡のたびにお待たせすることがありません。また、専任担当者が一貫して対応することで、やり取りもスムーズに進みます。連絡手段としては、お客様のご希望に応じて電話、携帯のシートメール、ライン、Eメールからお選びいただけます。これにより、お客様に最も利用しやすい方法で迅速に連絡を取ることが可能です。さらに、お電話や緊急連絡が必要な場合には、お客様が対応できる時間帯を事前に申告していただき、その時間帯に合わせて連絡を行います。このような配慮をすることで、お客様にとってストレスの少ない形で作業を進めることができます。専任担当者が一貫して対応することで、作業の進捗や特別な要望も迅速かつ確実に反映され、お客様のご満足につながります。こうした対応を通じて、お時間が取れない方や恥ずかしさから業者に頼めなかった方でも、安心してゴミ屋敷の片付けを依頼できる環境を整えております。

お客さまのやり取りの個人情報も安全

お客様のやり取りの個人情報は、安全に管理しています。専任の店長が直接担当し、正規社員のみが作業と写真の管理を行います。アルバイトスタッフは関与しません。個人情報保護の規定を徹底し、お客様の情報は第三者に漏れることはありません。これにより、安心して作業を進めることができます。

立ち会いなしで行う作業の流れ

立ち会いなしで行う作業の流れは、一般の作業と同様に、丁寧に一つ一つ確認を怠らずに進めています。お客様の指示に基づき、作業の開始前には必ず打ち合わせを行います。作業中は、お客様との連絡を確保しながら進め、特に重要な段階では写真や動画を通じて作業の進捗を報告します。作業完了後には、再度お客様のご確認をいただき、必要に応じて微調整を行います。全ての作業が終了した後は、お客様に最終確認をしていただき、ご満足いただけるよう配慮しています。

お見積りで顔合わせないで行います

お見積りすることからお会いしないで進める方も多くおられます。お見積りには、何を残すか、何を探してほしいか、また、オプションで荷物を届けてほしい、掃除をしてほしいなどの情報が必要になります。お立合いしないなら、事前にこの情報を整理していただき、メールで教えていただきます。また、なるべく見積りの時には、何か起きた時、聞きたい時に対応ができるように電話がつながりやすい時間帯に訪問見積もりをセットしていただきます。お部屋のカギは、お客さまと見積り担当者のお二人だけわかるようにして起きます。これによって、お立合いしないでお見積りすることができます。お部屋のカギは、お打合せした方法でお返しします。
《お客さまのポイント》
・残す物など見積もりに必要な情報を整理して伝えます。・見積もり当日は、なるべく電話連絡がつく日時を選びます。・鍵の手配は、他人の目に触れないように工夫します。・部屋に貴重品は置かないようにしましょう。・見積もり担当者の指名・携帯番号を確認し、部屋に入られたことを確認のため名刺を室内に入れてもらいます。

作業も一切立ち合いなしで行います

作業は、1日で終わる清掃もありますが、2日以上の日数が必要な場合もあります。料金が高くなるにつれゴミの量が増え作業時間も多くかかります。一般的には、20万円以内なら、1日で十分終えることができますが、20万円を超えてくると、作業の条件とお客さまの要望次第で日数が数日に及びます。数日に及ぶ場合、お客さまは、お友達のところやホテルなどにお泊りになる方もおりますが、通常通りお部屋に戻りお泊りになる方もおります。お部屋にお泊りになる場合は、担当者にその旨お伝えしておくと、寝るスペースを確保して作業を進めていただけるでしょう。
《お客さまのポイント》
・作業の状況はメールまたは電話などの手段を決めて報告を受けましょう。・数日間かかる場合は、その間使用するかしないかを報告しましょう・作業後、お部屋にも取り確認したら問題がないか、あれば連絡し善処してもらいましょう。

仕上げ確認と代金支払いも立ち合いなしで

作業の確認と代金のお支払いは、一般的にお立合いで仕上がりを確認して問題がなければその場で支払いをします。しかし、立ち合いせず顔を合わせないで行うわけですが、この確認と市来についても進め方を決めておきましょう。支払いのことですからあいまいにして進めることなく依頼時にきちんとその方法を取り決めておきます。その方法は、作業が終了しお客さまがお部屋に戻り確認して、問題がないなら、振り込みで支払いを行います。
《お客さまのポイント》
・支払いは、確認した後に支払いをするようにします。・支払いの方法は契約(依頼)の時に取り決めしておかないといけません。

カギを業者さんに預けるのが不安・心配なら

カギを簡単に預けて大丈夫という疑問と不安
お部屋のカギをこのように業者さんに貸し出してよいかと言う問題があります。現代の社会通念では不用心不適当であることは間違いがありませんから、業者選定から慎重に進めてください。もし、カギを預けることに抵抗があるなら、お見積りの時、作業の時だけお客さま自身でカギを開けてておいていただきます。

安心・安全を確保住めためのお客さまが取れること

スタッフの身元を確認しておきましょう。
当社では、お客さまのところに出向くスタッフは、すべて身元のしっかりした正規社員です。パート・アルバイト・派遣社員・下請けを利用していません。ただ、他の業者さんでは、アルバイトさんなど臨時のスタッフさんがお伺いすることも考えられます。今回のようにお立合いなしで進めていく場合は、やはり心配もあると思いますので、作業に来られるスタッフの方の氏名を届けていただき市は楽の間保管しておきましょう。これは、業者さんへの牽制に効果を発揮しできます。

近所に住む大家さんや住人にゴミ屋敷がバレないやり方

ゴミ屋敷のお部屋を片付けるとなると近所の目、お隣さんの目、近所に住む大家さん、管理会社の目などが気になります。片付けるスタッフさんより、近所の方に変な目で見られるのは恥ずかしいと思う方が多いかもしれませんね。ゴミを片付けて引越しするなら、まだ我慢できるかもしれません。しかし、引越しするけど勤務先が近い方、アパートが借り上げ社宅に住んでいた。引っ越して職場が同じならこれも気まずい。何とかゴミを分からないで出す方法がないだろうか。そんなお悩みの方に近所にゴミをバレないで出す方法を紹介します。

目立たないでゴミをトラックに積むには

ゴミ屋敷を近所の住人に目立たないようにするためには、部屋から、トラックの積み込みを工夫することが必要です。

一通りの少ない時間帯を選ぶ

お住まいの住宅環境によって人通りも異なります。焦点がの裏路地、単身者が多い地域、お年寄りが多い団地など。これらの状況を把握して最も人目に付きにくい時間帯を建託しましょう。夜間や早朝など、人通りの少ない時間帯に作業を行うことで、周囲の目を避けることができます。人目を気にせずに、ゴミをトラックに積むことができます。

短時間でトラックへ積み込む

ゴミをトラックに積む作業を素早く行うことで、作業時間を最小限に抑えます。一気にゴミを積み込み、すぐに作業を終えてしまうことで、周囲の目を引くことなく処理を行うことができます。当社では、お部屋の中でスタッフが搬出のためのゴミの袋詰めなど準備して置き一気に数名のスタッフで行います。往復の移動回数・時間を減らすことができますそれだけ人目に付きにくくなります。

ゴミを段ボールに入れて運ぶ

段時間に運んでも全く住人・通行人の目に触れないという訳に行きません。ゴミ袋に入れて運ぶならやはり、ゴミ出していることはわかります。そこで、ゴミを大きな段ボールに詰めて運ぶという方法も行うことがあります。この方法は、若干費用が割高りなりますのでお客さまにご負担いただくこともあります。


目立たないでゴミ片付けるには、まず、周辺の住宅環境をお客さまから聞き最適な時間帯やトラックの置き場などを検討します。近くに大家さんがいて夕方帰るなら、帰る前にゴミをトラックに積んで引き上げます。また、単身者が多いアパートなら日中に作業をかたずれるようにします。このようにお客さまの住宅環境を考慮に入れて、搬出の時間帯、トラックの置き場などを決めます。

使用するトラックは、箱型トラックを使用します

ゴミ搬出
箱型トラック

通常トラックは、写真のような平トラックを使用しますが、トラックは、周囲から目立たないように箱型のトラックを使い、トラックの中のゴミが見えないような対策を行います。

作業する時に注意してほしいと頼んだ方が良いこと

部屋のドアは最低限の開閉

作業は、主に部屋でゴミを選別し廃棄するゴミを袋・段ボールに入れて部屋から運び出すという作業です。この場合どうしても部屋の玄関ドアの開け閉めが多くなり開けっ放しで作業を行いがちです。搬出するのにドアを開けることは必要ですが、開けっ放しですと、近所の人に目立ちます。アパート・マンションならなおさらです。ちっと作業に影響しますが、必要以上にドアを開けて作業しないように念を押しましょう。

作業中の騒音・会話に注意

お部屋の中の作業で騒音は気お付けて行うようにお願いします。特に下の階への配慮派注意したいものです。また、スタッフ同士の会話も必要以上大きな会話しないで作業するようにお願いしてましょう。

近所で何していると聞かれたら

近隣の人に「何しているの」と聞かれることもありますが、「掃除です」と答え、必要以上に会話をしないようにするようにお願いしておきましょう。また、大家さん・管理会社が気が付いて覗きに来ることがありますが、この場合、プライバシー侵害になるから、立ち入らないでときっぱりお断りしていますが、お客さまも業者さんに念のため伝えておきましょう。

これらの対策は、すべて業者さんが行っている方法ではありません。作業に不安があるなら、①口コミなどで確認し信頼できる業者を選ぶ②電話・メール・ラインを駆使して事前に細部まで打ち合わせとお願い事を伝えるるとよいでしょう。

ゴミ屋敷プロ職人在籍

-家の片付けお役たち情報

お電話相談は 全店共通/年中無休

03-5843-8387