お役立ち生活情報館

遺品整理ガイド《特別編3》夫・妻(配偶者)の遺品整理。

遺品整理は、故人が残した物品を整理し、整理する人々の心の中に様々な思い出を整理する過程であります。特に、長年連れ添った夫や、つまり配偶者を亡くした場合の遺品整理は、間違った物品の整理以上の意味を持ち、感情的な負担が大きいものです。このガイドでは、配偶者を亡くした方が遺品整理を行う際の具体的な手順とアドバイスを提供し、少しでも負担を軽減できるよう支援します。感情の整理と物品の整理が交差するこの作業において、何をどのように進めるべきか、一緒に考えていきましょう。

夫や妻がパートナーの遺品整理をスタートする時期

遺品整理は、急ぐことはありません。ゆっくれスタート

ご夫婦で一方の配偶者がお亡くなりになって慌てて遺品整理する必要はありません。賃貸に暮らしていても希望すれば、お引越しすることもなく済み続けることができるからです。配偶者の遺品整理を始める時期は、心理的・法的な準備が整った時に始まります。心理的な面では、喪失感や悲しみが落ち着くまで無理せずに待つことを受け入れます。葬儀後1〜3ヶ月以内に始めますが、これはあくまで目安です。無理に急ぐ必要はなく、家族や友人の支えを借りながら自分のペースで始めましょう。

死後事務や申請が必要な遺品(財産)は放置しないで

配偶者の遺品整理は、心の負担と責任を負う作業が重なる難しいプロセスです。しかし、その過程で放置してはならない重要な手続きがあります。遺品の中から必要な書類や名義変更が必要な財産を見つけ、迅速に手続きを進めることが肝心です。この手続きを怠ると、法律上の問題や財産管理の混乱が生じる可能性があります。故人の遺志を伝える、円滑な相続手続きや財産管理を行うためには、適切で迅速な対応が必要です。

ご夫婦だから、手続きしないと困ること

年金解約: 年金機関に解約申請してください
公共料金: 名義変更と口座変更を行う。期限は早めに。死亡証明書と身分証明書が必要。
自動車名義変更: 自動車検査場で手続き。
生命保険: 保険会社に連絡。期限は早めに。死亡証明書と保険証書が必要。
預金相続: 金融機関に相続手続きを申請。期限は特になし。死亡証明書と相続登記簿が
プロバイダー: 名義変更とアカウント整理。期限は早めに。死亡証明書と契約書が必要。
賃貸契約: 不動産管理会社に変更手続きを申請。期限は早めに。
準確定申告: 税務署に申告。期限は死亡から3ヶ月以内。死亡証明書と確定申告書が必要。
不動産名義変更: 登記所で手続き。期限は死亡から6ヶ月以内。死亡証明書と登記相続税申告:
税務署に申告。期限は死亡から10ヶ月以内。死亡証明書と相続税申告書が必要

➡これらは、下記のページでお読みいただけます

遺品整理のスタートは、仏間の整理

新しく、仏壇を購入するなら仏間の整理を

遺品整理の第一歩は、仏間の整理です。仏は北向きではなく、南向きに向けられています。これは直射日光を避け、湿気を防ぐためです。また、南向きは中国の風習に従ったもので、尊敬すべき存在が南向きに座るとそれに従い、仏や先祖の尊重を示す意味もあります。
仏間の整理は清掃から始めます。埃を取り除き、床や壁を丁寧に清掃します。仏具も磨き、清潔な状態を保ちます。次に、不要なものを整理しましょう。遺品整理、必要なものと不要なものを見極めましょう。仏間周辺には余分なものを置くことなく、すっごく良い場所です。

遺品整理の準備と分別分類

遺品整理の仕分けは基本的なステップであり、後悔しないためには準備と仕分けの分類が重なる

準備するもの

使い捨て手袋とマスク:整理中は埃や汚れから身を守るために使い捨て手袋とマスクを着用しましょう。これにより、健康を守ります。
ラベルやマーカー:整理整頓し、整理整頓や処分が行き届くように、ラベルやマーカーを付ける
収納ボックスやバッグ:整理した物を一時的に収納するために収納ボックスやバッグを用意します。これにより、整理作業中に部屋を整然と保ちながら作業を進めます
整理する スペース: 整理作業を行うためのスペース 集まります。広々とした場所や明るい場所に来てください。整理作業 中には集中しやすい環境
これらの準備が整っていれば、遺品整理作業を適切に進めることができます。

仕分けの分類

使用頻度による分類:頻繁に使用する物品、時々使用する物品、あまり使用しない物品、全く使用しない物品などを分類します。
重要度による分類:大切な思い出の品、必要な書類や文書、貴重品などを優先的に
処分の可否による分類:使われなくなった物品を廃棄する
感情的な価値による分類:感情的なつながりや思い出がある品物を

思い出の品物に処分することに罪悪感がある対処法

思い出の品物を捨てることに抵抗・罪悪感があって処分に踏み出せ来ご遺族には、次の方法で進めてみましょう。

家族・知り合いに譲る:
家族や友人に思い出の品物を譲ることは、その品物の価値と意味を新しい所有者に支払うことにつながります。品物が愛される場所に引き継がれることで、手放す決断に対する罪悪感や抵抗感が軽減されます。また、家族や友人に連絡することで、思い出が共有され、特別な絆が生まれます。これにより、品物を手放すことが適切な決断であると感じることができます。

寄付・リサイクルして使ってもらう:
寄付やリサイクルを通じて、品物が再利用されるので、新しい所有者によってされる。例えば、衣類や家具などは寄付先やリサイクルセンターに提供することで、必要としている人々に役立つことができます。これにより、品物が捨てられるのではなく、社会貢献に繋がることで、抵抗感や罪悪感を軽減することができます。

神社仏閣で供養して廃棄する
神社仏閣で供養することで、品物を手放す決断をすることに対する安心感や納得感を取得します。また、供養の儀式を通じて、心の整理や癒しを求めます。そのため、罪悪感や抵抗感を感じることもありますが、神社や仏閣での供養を考えることで、穏やかな気持ちで品物を手放すことがで切るでしょう。

写真でデジタル保存して廃棄する
写真でデジタル保存して廃棄する方法は、品物を手に放すことに抵抗がある場合でも、思い出を保持しつつ、スペースを共有することができる手段です。品物そのものを手放すことに罪悪感を感じたり、写真でデジタル保存することで、心に安堵感を覚えたりすることができます。

お清めして廃棄する
品物を清め、意識的に手放すことで、罪悪感を軽減し、新たな章へのスムーズな移行を行うことができます。この際、塩や酒を使う方法があります。塩は、浄化や払いの象徴として古くから使われています。品物を手放す前に、塩を使って清めることで、その品物からのエネルギーを伝えることができます。塩を持って取り、品物に触れながら清めることで、心身ともにリフレッシュします。もまた、清めの象徴として用いられます。酒を使って品物を清めることで、物質的なつながりを断ち切り、純粋な解放感を使用します。酒を品物に振りかけるか、酒を含ませた布で拭き取ることで、清浄な状態にすることができます。

これらの方法を用いて品物を清めることで、罪悪感や抵抗感を軽減し、新たなスタートを切ることができます。心を整え、意識的に手を放すことで、前向きな移行を実現しましょう。

遺品を放置することは大変危険

遺品整理は、感情的な負担や所有権の労力、法的な手続きなど、さまざまな理由で負担の大きい作業です。その対策として、まずは時間をかけてゆっくりと受け入れてください。喜んで作業を進めると、感情的な負担が増すだけでなく、物事がうまく運ばないと考えるようになります。また、家族や友人に感謝の気持ちを伝え、負担を軽減しましょう。一人で行うよりも、共に作業を行うことで親戚同士や支え合いができます。さらに、専門業者に依頼することも考えられます。遺品整理業者は経験豊富で継続的に作業を行ってくれます。最後に、感情的な支えを必要としていますカウンセリングを受けることも選択肢です。

遺品の放置リスク

遺品整理に関連する業者トラブルに十分注意して

【買取でトラブル】

事例:買取業者が商品の価値を過大に評価し、実際の買取金額が提示された価格と大きく異なる場合があります。また、品物が壊れているにもかかわらず高価で買い取られた後、不具合が見つかる場合も
解説:買取業者とのトラブルは、正直な業者を選ぶようにしてください。口コミや評判を確認し、適切な見積もりを依頼しましょう。また、契約前に契約条件を明確にし、細かい条項を見落とさないでください。

【寄付でトラブル】

事例:寄付先が適切な団体や機関でない場合、寄付された品物が適切に活用されずに廃棄されることがります。また、寄付された品物が販売され、不正に利用されることが起こります。
解説: 寄付を行う場合、信頼できる団体や機関を選ぶようにしてください。公式の寄付先や地域の社会福祉団体など、信頼できる組織を選びましょう。また、寄付先の活動内容や品物の利用方法については事前に調査を行う

【リサイクショップでトラブル】

事例:リサイクルショップで買取や交換を行った際、商品の状態や価値に関する情報が不正確な場合があります。また、買取価格が低すぎるなど、不公平な取引が行われています
解説:リサイクルショップを利用する場合には、信頼できる業者を選ぶことができます。業者の信頼性と評判を確認し、適切な見積もりを依頼しましょう。また、契約前に契約条件や商品の取り扱い方法について詳細を確認することも大切です。

【不用品回収業者によるトラブル】

事例:不用品回収業者が約束した日にちが表示されず、連絡も取れなくなる場合があります。また、作業中に注意せずに家具や壁などに傷がつくことがあります。
解説:不用品回収業者を選ぶ場合には、口コミや評判を確認し、信頼できる業者を選んでください。契約前に作業内容や料金、作業日時などを明確にし、契約書を交わすことでトラブルを避けることができます。また、作業中には作業の進捗状況を確認し、問題がそれがある

遺品整理・不用品回収・買取など各種トラブルに注意してください

遺品整理を行う場合、信頼できる業者を選ぶことができますが、トラブルに巻き込まれる可能性があります。もしアブしないと感じたら、即座に行動しましょう。まず、消費生活センターの窓口である「188」に連絡します。ここでは、専門のアドバイザーがトラブル解決のための支援を変更します。トラブルの内容や相談内容の詳細に伝えてください。また、遺品整理業者を選ぶ場合には、以下の点にも注意してください。まず、口コミや評判を調べ、信頼できる業者を選ぶようにしてください。遺品整理に関連する業者 トラブルに巻き込まれる際には、対応し、早めに消費生活センターへの相談をしましょう。適切な支援を受けることで安心して遺品整理をしましょう。

-お役立ち生活情報館

お電話相談は 全店共通/年中無休

03-5843-8387