家の片付けコラム

ストレスも少なく、慌てないで引越しができる知識と抑えどころ

引っ越しは、多くの人にとって大変な作業です。新しい場所に移ることは、新しい生活を始めるためのエキサイティングなステップでもありますが、同時に多くのストレスをもたらすこともあります。引っ越しをスムーズに進めるために、次のポイントを考慮してください。

1.計画を立てる:引っ越しの日程を決め、その日までにやるべきことをリストアップしましょう。日程に余裕を持たせ、予期せぬ問題が起こっても対応できるようにしましょう。

2.物品の整理:引っ越し前に不要な物を捨てたり、寄付したり、売ったりすることで、引っ越し費用を節約することができます。

3.引っ越し業者を選ぶ:信頼できる引っ越し業者を探し、評判や口コミをチェックしましょう。料金だけでなく、保険の有無やトラックのサイズなども確認しましょう。

4.梱包作業:引っ越しに必要な梱包資材を揃え、丁寧に荷物を梱包しましょう。重い荷物は小さめの段ボールに、軽い荷物は大きめの段ボールに入れるなど、荷物に合わせた梱包方法を選びましょう。

5.重要な書類や品物を管理:大切な書類やジュエリーなどの貴重品は、自分で管理しましょう。特に、銀行の書類やパスポート、免許証などは、取り出しやすい場所に保管しておきましょう。

6.引っ越し当日の準備:引っ越し当日には、荷物を運びやすいように廊下や階段の通路を確保し、業者の作業をサポートしましょう。また、水道や電気などの手続きを忘れずに済ませておきましょう。

これらのポイントを念頭に置いて、引っ越しをスムーズに進めましょう。

引越しの時のお掃除

引っ越しの際には、お掃除は必要不可欠な作業です。以下に、引っ越し前に行うべきお掃除のポイントをいくつか紹介します。

  1. 物を整理する まずは、引っ越し先に持っていくものと持っていかないものを整理しましょう。不要なものは処分するか、リサイクルショップや寄付先に持っていきます。不用品を減らすことで、掃除がしやすくなります。
  2. 掃除機をかける 床やカーペットを掃除機でしっかりとかけましょう。特に、ほこりやホコリがたまりやすい場所や隅っこは念入りに掃除するようにしましょう。
  3. 拭き掃除をする 拭き掃除は、床や家具、キッチンなどに汚れが付きやすい場所を中心に行いましょう。水拭きや布巾でしっかりと汚れを落としましょう。
  4. 浴室・トイレを掃除する 浴室やトイレは、特に気をつけて掃除する必要があります。カビや汚れが付着している場合には、専用の洗剤を使ってしっかりと落としましょう。
  5. キッチンを掃除する キッチンは、食べ物や油がこびりつきやすい場所です。レンジフードやシンク、ガスコンロなどを中心に、洗剤を使ってしっかりと掃除しましょう。

以上が、引っ越し前に行うべきお掃除のポイントです。掃除には時間がかかるため、余裕を持って計画を立て、段階的に進めるようにしましょう。

引っ越しの準備

  1. 予算の確認:引っ越しには様々な費用がかかります。引っ越し業者の費用、新居の家賃やデポジット、移動費用などを考慮して、予算を決めましょう。
  2. 日程の確定:引っ越し日程を決定し、引っ越し業者とのスケジュールを調整しましょう。
  3. 物の整理:引っ越し前に不要な物を処分し、必要な物だけを持って行くように整理しましょう。また、梱包用品を用意して、荷物を梱包していきます。
  4. 公共料金の手続き:引っ越し先の公共料金やインターネット、電話などの契約を変更する手続きを行いましょう。
  5. 転居届けの提出:引っ越し前に、住民票や社会保険などの転居届けを提出しましょう。
  6. 新居の確認:引っ越し先に行き、部屋の確認を行い、必要ならば掃除や修繕を行いましょう。

以上のようなステップを踏んで、スムーズな引っ越しを行いましょう。

引っ越し業者の選択

引っ越し会社を選ぶときには、以下の点に注意することが重要です。

  1. 口コミや評判を調べる 引っ越し業者の口コミや評判を調べることで、信頼性やサービスの質を知ることができます。インターネットやSNSなどで口コミを集め、複数の引っ越し業者の比較を行うことが重要です。
  2. 料金やサービス内容を比較する 引っ越し業者の料金やサービス内容は、業者によって異なるため、複数の業者を比較して検討することが大切です。また、安い業者を選ぶことが全てではなく、サービス内容やスタッフの対応などを考慮することも重要です。
  3. 保証や補償制度を確認する 万が一、引っ越しの際に荷物が破損・紛失した場合に備えて、業者の保証や補償制度を確認することも大切です。また、引っ越し前に必ず契約書を読んで、条件や細かいルールを確認しましょう。
  4. 実績や経験をチェックする 引っ越し業者の実績や経験は、信頼性やスキルにつながります。実績のある業者を選ぶことで、スムーズな引っ越しを行うことができるでしょう。

    以上の点を考慮して、複数の引っ越し業者を比較し、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

引越し手続き

引っ越し手続きをする際は、以下のような手順があります。

  1. 転居届を提出する 新しい住所に移転する際は、前の住所の市役所・区役所・町村役場で転居届を提出します。
  2. 電気・ガス・水道の引っ越し手続きをする 新しい住所で電気・ガス・水道を使用するために、各公共事業者に引っ越しの連絡をします。
  3. 郵便物の転送手続きをする 住所変更後に届く郵便物を受け取るために、日本郵便の転送サービスに申し込みます。
  4. 公共料金の住所変更手続きをする 水道代や固定電話代、NHK受信料などの公共料金の請求書に新しい住所を反映させるために手続きをします。
  5. 銀行口座の住所変更手続きをする 引っ越し先の近くにある支店に銀行口座を移すか、既存の口座を住所変更する手続きをします。
  6. 自動車やバイクの住所変更手続きをする 自動車やバイクを所有している場合は、自動車税や自動車保険の請求書に新しい住所を反映させる手続きをします。

以上が一般的な引っ越し手続きになります。手続きを行う際は、前もって必要な書類や手続きの方法を確認しておくことが大切です。

引越し挨拶

引っ越し挨拶をする場所は、新しい住所に移る前に住んでいた地域と、新しい住所の地域の両方で行うことが一般的です。

新しい住所に移ったら、ご近所さんにあいさつをすることが大切です。特に隣人には、初めに挨拶をすることでコミュニケーションをとりやすくなり、生活がしやすくなることがあります。

また、移動前に住んでいた地域でも、隣人や友人、職場の同僚など、大切な人たちに引っ越しを伝え、感謝の気持ちを示すことが大切です。

さらに、不動産業者や電気・ガス・水道などの公共事業者、銀行など、関係のある機関にも引っ越しを報告し、必要な手続きを行うことが必要です。

総じて言えることは、引っ越し挨拶は、新しい生活をスタートする上で重要な儀式の一つであり、移動前と移動後の両方で丁寧に行うことが大切です。

退去手続きと退去立ち合い

「退去届」とは、賃貸住宅などにおいて、入居者が退去する旨を、正式に申し出る書類のことです。一般的に、入居契約書には、退去に関するルールや手続きが記載されており、それに基づいて退去届を提出することになります。

「立ち合い」とは、入居者が退去する際に、退去の立会いを行うことです。通常、退去時には、入居者が物件を返却するため、物件の状態を確認する必要があります。そのため、大家さんや不動産業者などの立会いをして、物件の状態を確認することが多いです。

また、退去時には、敷金や礼金の返金についても話し合われることがあります。その場合にも、立会いをして、トラブルを防ぐことが大切です。

引越し各種届出

引越しをする場合、以下の各種届け出を行う必要があります。

  1. 転出届 引越し先の市区町村役場で、転出届を提出します。提出期限は引越し前後の14日以内です。
  2. 転入届 引越し先の市区町村役場で、転入届を提出します。提出期限は引越し後の14日以内です。
  3. 国民健康保険や厚生年金保険などの各種社会保険の届け出 引越し先の市区町村役場や社会保険事務所で、国民健康保険や厚生年金保険などの各種社会保険の届け出をします。
  4. 公共料金の住所変更届け出 引越し先の市区町村役場や各公共料金事業者に、公共料金の住所変更届け出をします。例えば、水道、電気、ガス、NHK受信料などが該当します。
  5. 運転免許証の住所変更届け出 引越し先の市区町村役場で、運転免許証の住所変更届け出をします。提出期限は引越し後の90日以内です。
  6. 郵便物の転送申込 郵便局で、引越し前後の期間に郵便物を転送するための転送申込をします。
  7. 子供の転校届け出 引越し先の市区町村教育委員会で、子供の転校届け出をします。

これらの各種届け出を、引越し前後の期間に確実に行いましょう。

引越しで起きるトラブルに対処しましょう

以下は、引っ越し中に起こったトラブルの例です:

  1. 運送会社が約束した日に荷物を配達できなかった。引っ越し先に到着する予定だった荷物が一日以上遅れたため、新居に必要な物がなく、生活が不便になった。
  2. 荷物の一部が壊れた。運送中に壊れた家具や家電製品があり、修理費用がかかった。
  3. 間違ったアドレスに荷物が配達された。荷物が届いた場所が間違っていたため、新居に必要な物がなく、生活が不便になった。
  4. 荷物の一部が紛失した。引っ越し先に到着しなかった荷物があり、貴重品や大切な物が失われた。
  5. 荷物が引っ越し先に到着する前に濡れた。荷物が雨や水にさらされて濡れてしまったため、荷物の中身が損傷した。

これらのトラブルを回避するためには、信頼できる運送会社を選ぶことが重要です。また、荷物の内容を保険でカバーすることも検討してみると良いでしょう。さらに、荷物の梱包方法にも注意を払うことで、荷物が壊れたり、損傷するリスクを減らすことができます。

単身者・自分で引越し

単身者が自分で引越しをする場合、以下の手順が一般的です。

  1. 不用品の処分:引越し前に、不要なものを処分することで荷物を減らし、引越しの費用を節約できます。
  2. 荷造り:荷物を段ボール箱に詰めます。箱には、中身が分かるようにラベルを貼ると便利です。
  3. 家電製品の準備:冷蔵庫や洗濯機などの家電製品は、引越し前に電源を切り、内部を清掃してから梱包します。
  4. 引越し業者の手配:自分で荷物を運ぶ場合は、トラックなどの車両の手配が必要です。引越し業者を利用する場合は、事前に見積もりを取り、契約をします。
  5. 引越し当日の手順:荷物を運び出す順番や配置などを決めておき、引越し当日は手順通りに進めるようにします。また、荷物を運ぶ際には、注意事項を確認し、怪我や破損などに注意しましょう。

以上の手順を踏んで、自分で引越しをすることができます。ただし、荷物の量や運搬距離などによっては、引越し業者の利用を検討することも重要です。

引越トラックを借りる

引越トラックを借りるには、いくつかの方法があります。

  1. レンタカー会社:大手レンタカー会社には、引越トラックのレンタルサービスがあります。インターネット上で予約を行うことができます。
  2. 引越専門のレンタル会社:引越専門のレンタル会社もあります。これらの会社は、引越トラックのレンタルのみを専門に扱っています。ネットで検索すると、近くの会社を見つけることができます。
  3. 貨物輸送業者:貨物輸送業者によっては、引越トラックのレンタルサービスを提供している場合があります。インターネット上で検索するか、電話で問い合わせることができます。

レンタル会社によっては、引越トラックを1日単位で借りることができます。料金は、トラックの大きさやレンタル期間によって異なります。レンタル前に、保険や燃料費、返却時のクリーニング費用などについて確認することが重要です。

引越しや家財処分は、大変な作業であり、多くの時間や労力を必要とします。しかし、専門的な引越し業者や家財処分業者に依頼することで、これらの手続きをスムーズに行うことができます。

引越しと家財処分業者のご利用を

引っ越しや家財処分は、多くの人々にとってストレスフルな経験です。特に、家族や友人が手伝ってくれることができない場合は、非常に困難な状況に陥ることがあります。しかし、幸いなことに、プロの引っ越し業者や家財処分サービスがあります。彼らはあなたの負担を減らし、移動プロセスをよりスムーズにすることができます。

引っ越し業者は、荷物を運ぶだけでなく、梱包や荷造り、荷解き、設置などの作業を行うことができます。彼らは荷物を効率的かつ安全に運ぶために必要な装備や知識を持っています。また、引っ越し業者には保険があるため、万が一の場合でも保証があります。

一方、家財処分サービスは、不要な家具や家電製品などの処分を手伝うことができます。家財処分には、リサイクルや寄付などの選択肢があり、環境にも配慮されています。また、家財処分サービスには、家具の解体や大型家電製品の運搬など、特定の作業に必要なスキルや装備があります。

引っ越しや家財処分は、非常に時間とエネルギーを必要とするタスクです。しかし、プロの業者やサービスに任せることで、ストレスを軽減し、スムーズな移動体験を得ることができます。引っ越しや家財処分を検討している場合は、プロの業者やサービスに相談して、あなたのニーズに合った最適な解決策を見つけることが重要です。

引越しで出てしまうゴミについて

引っ越しで出たゴミを処分することは、引っ越しの最後の手続きの1つであり、しばしば面倒な手間が伴います。以下に、引っ越しで出たゴミを処分するためのいくつかの方法をいくつかご紹介します。

  1. ごみ収集サービスを利用する 地域によっては、大型ごみの収集サービスが提供されている場合があります。そのような場合は、市町村役場や地方自治体のウェブサイトなどで、申請方法や手続きについて確認してください。
  2. 不用品回収業者を利用する 不用品回収業者は、不用品の回収・処分を専門に行っている企業です。引っ越しで出た大型の家具や家電製品など、捨てるのが難しいものを回収してくれます。不用品回収業者は、インターネットや電話で簡単に見つけることができます。
  3. リサイクルショップに持ち込む リサイクルショップは、再利用可能な家具や家電製品を買い取ってくれるところです。引っ越しで出た家具や家電製品がまだ使える場合は、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうこともできます。
  4. ごみの分別をしっかり行い自治体の指定する処分場所に持っていく ごみの分別をしっかり行い、自治体が指定するごみ処分場所に持っていく方法もあります。ただし、処分場所によっては、引っ越しで出た大型の家具や家電製品などを受け付けていない場合もあるため、事前に確認することが必要です。

以上の方法を利用して、引っ越しで出たゴミを処分することができます。ただし、処分方法によっては費用がかかる場合もあるため、事前に確認しておくことが重要です。

これらは一般的な項目であり、個々の状況によって追加や変更が必要になる場合があります。移動先の地域の特定の要件や、個人のニーズに応じて調整してください。

運営(一社)家財整理センター

業歴20年・年中無休:クレーム0更新で安心
遺品整理・荷物整理・ゴミ屋敷片付け・家の片付けとメンテナンス
本社:埼玉県入間市上藤沢881-1
インボイスT9030005020032
営業店・ヤード等
所沢市・板橋区・戸田市・春日部市・桶川市・鶴ヶ島市・市川市等
写真・事例記事とフライバシー保護の取り扱い

お問合せ お電話・メールはこちらから

主な取引実績(敬称略)

  • 不動産関連実績
    日税不動産情報センター・ミサワホーム東関東千葉支社・積水ハウス・住友林業ホームサービス調布店・京友不動産・大成有楽不動産・セキスイハイム不動産・東急リバブル・ドリームオン不動産・岡三興業など多数
  • 福祉関連実績
    獨協医科大学埼玉医療センター・東大和病院・久米川病院・行徳中央病院
  • 生活福祉関連
    板橋区志村福祉事務所・東村山市役所・所沢市役所・新座市役所・志木市役所・西東京市役所・川越市役所・坂戸市役所・ふじみ野市・東久留米市役所・春日部市役所・越谷市役所・草加市役所・川口市役所・川崎市役所・座間市役所・横浜市役所・さいたま市役所その他

【編集部ご案内】
失敗しない遺品の上手な換金法のご案内身内の方に認知症の方がいるご家族へ、実家売却大丈夫?当社の立会い無し片づけ|明け渡し代行サービスゴミ屋敷の目立たない作業は、お任せください 

《記事作成・監修者》
大野大助(おおのだいすけ) 1976年10月19日:生まれ
空き家管理士・一般社団法人家財整理センター代表理事
・ハウスクリーニング業歴5年・リフォーム業歴7年・家財整理業歴20年
大野大助プロフィールの詳細

-家の片付けコラム