不用品回収業界トピックス

不用品業界にまつわるトピックスをまとめて配信中

2024年から変わる相続

相続改正が行われます。主な点は3点。①相続登記の義務化 ②生前贈与の加算が3年から7年 ③相続空き家3,000万円特別控除」の適用要件拡充です。①と③は、明らかに空き家対策の一環で少しでも空き家の有効活用を促進したい政府の政策。②は、相続税を強化した内容です、

相続登記義務化は、相続開始から3年以内にきちんと相続人に名義を変更しなさいというもの。相続トラブル、相続人探しなどこの間に解決しないといけなくなります。②生前贈与の加算の年数の変更は、年間110万円の生前贈与に税金かけないけれど。今までは3年間は相続財産として税金を計算していたのを7年間までさかのぼって税金の計算を行うというもの。③相続空き家3,000万円特別控除」これは、古家(耐震所為の弱い建物)を相続して売却するときに売主さんが、建物を解体または、耐震リフォームして売却すると譲渡益の3000万円まで控除して税金をかけないというもの。今回の改正は、買主さんが、解体またはリフォームした場合でも3000万円控除を認めるようにした制度の拡充。

こちらの相続が変わる コラム記事は、株式会社草加市民ハウジング草加西口店さまのホームページのコラムを参考にご紹介いたしました。

《記事参照元会社》
株式会社草加市民ハウジング草加西口店さん。
草加市を拠点に不動産業を営む企業です。地域の住宅ニーズに合わせた賃貸物件や不動産売買の仲介を提供し、お客様の幸せな住まいづくりをサポートします。長年にわたる経験と専門知識を活かし、丁寧な対応と信頼性の高いサービスを提供しています。お客様のニーズを的確に把握し、最適な物件をご提案することを心掛けており、草加市民の皆様の暮らしを豊かにするお手伝いをしています。

最近の不用品業界は、今新たな課題に挑み始めています

  1. サステナブルなリユース・リサイクルの促進:廃棄物の問題や環境への影響を考慮し、不用品のリユースやリサイクルが注目されています。多くの企業や団体が、廃棄物の最小化や再利用の促進に取り組んでいます。
  2. オンラインプラットフォームの成長:インターネットの普及により、不用品の売買や寄付を行うオンラインプラットフォームが増えています。これにより、より多くの人々が不用品を手軽に処分したり、必要な人に提供したりできるようになりました。
  3. シェアリングエコノミーの進展:シェアリングエコノミーの一環として、不用品を一時的に貸し出す「レンタル」や「シェアリング」のサービスが増えています。例えば、一時的に使われない自転車や家具を他の人が借りることができるサービスなどが注目を集めています。
  4. リファブリッシュメント(再生・修復)の人気:不用品業界では、製品の再生や修復が注目されています。例えば、家電製品や家具の修理やリノベーションを行い、使用価値を高める取り組みが増えています。
  5. 不用品のデータ管理と処理:デジタル化の進展に伴い、不用品のデータ管理や処理方法にも変化が生じています。AIやビッグデータの活用により、不用品の在庫管理や需要予測、リサイクルプロセスの最適化などが行われています。

不用品業界が持続可能性や効率性を重視し、より環境に配慮した取り組みを進めています。

依然減らない業者トラブル

不用品業者とのトラブルは、適切な対処方法を知っていれば避けることができます。以下は、依然として減らない不用品業者とのトラブルに対するアドバイスです。

  1. 事前に複数の業者に見積もりを依頼し、比較検討を行うことが大切です。安易に一社だけに依頼すると、高額な費用を請求される可能性があります。
  2. 不用品業者と契約する前に、事前に契約書の内容をよく確認しましょう。特に、費用の詳細やキャンセルに関する条件などについては、細心の注意を払う必要があります。
  3. 不用品業者には、信頼できる会社を選びましょう。口コミやレビューなどをチェックすることで、信頼できる業者を選ぶことができます。
  4. 不用品業者に依頼する前に、不用品の整理や仕分けを行っておくことが大切です。不用品を業者に任せる前に、不用品の中から捨てるものと残すものを明確にしておくことで、トラブルを避けることができます。
  5. 不用品業者に依頼する際には、業者の責任保険に加入しているかどうかを確認することが大切です。業者によっては、責任保険に加入していない場合がありますので、事前に確認しておきましょう。
  6. 不用品業者に不信感を抱いた場合は、遠慮せずに契約を取り消すことが大切です。トラブルを未然に防ぐためにも、早めに対処することが必要です。

以上のポイントに注意することで、不用品業者とのトラブルを避けることができます。また、万が一トラブルが起こった場合には、消費者センターや弁護士などに相談することも検討してください。

ウェブサイト上で「お得な定額パック 定額パック料金は、全てが込み込みの料金」などの広告・表示をして不用品・粗大ごみ回収サービスを提供する事業者に関する注意喚起

令和元年9月から、不用品・粗大ごみ回収サービス(以下「不用品等回収サービス」といいます。)を提供する事業者のウェブサイト上に表示された「お得な定額パック 定額パック料金は、全てが込み込みの料金。」、「追加費用一切なし! 定額パック料金に全て含まれています。」などの広告を閲覧した消費者が、定額パック料金だけを支払えば不用品等回収サービスの提供を受けられるものと思い、同サービスの提供を受けたところ、「定額パック料金以外に、ウェブサイトに表示されていなかった処分費用等の名目で想定していたよりも高額な料金を請求された。」といった相談が、各地の消費生活センターなどに数多く寄せられています。ホームページより一部抜粋 

ネット広告で見た不用品回収 10倍以上の料金に

ネットで「1.5トントラックに詰め放題3万9800円」という広告を見て、不用品の回収を申し込んだ。作業当日、詰め込み後に事業者から領収書へのサインを求められ、金額を確認すると約65万円だった。不用品を運び出してもらわないと困るので、やむを得ずサインをしたが、作業前に金額について説明は受けておらず、支払いたくない。(70歳代 男性)ホームページより一部抜粋・詳しくは、こちらからご覧ください

廃棄物不法投棄110番

埼玉県では、廃棄物に関する不法投棄の通報制度を設けています。
フリーダイヤルで24時間、不法投棄に関する通報を受け付けています。

※通報された方の個人情報は、外部に知られることはありません。不法投棄を行う悪質な行為者に、お名前を伝えるようなことはありませんので御安心ください。続きの記事は、こちらからご覧ください

騙されないために片付け屋料金相場を事例で知ろう

こちらの記事では、片付けとゴミ撤去の料金を事例とともに解説しています。業界の料金はわかりにくいためトラブルも起きております。へうしゃの料金は、業界平均ですので、ご自分のケースと似通った事例を参考に料金の相場を知りましょう。
こちらの記事内容は、こちらからご覧ください

ゴミ屋敷にまつわるトピックス

こちらのカデゴリーは、ゴミ屋敷で悩む方の問題解決を取り上げています。多くの方は、ご自分のお部屋が汚い、ゴミ屋敷になっていると感じています。また、共通していることは、片付けなくてはという意識を持っています。しかし、意識を持っていながら片付けを放置してしまうのが現状です。結局、近隣から苦情が来るまで、引越しするまで、室内の工事があるまで、片付けることなく、私たちに依頼が舞い込むということになります。私たち業者が片付けるのは、やはり最終手段です。できるだけご自身自ら思い立った時に脱却していただくか、親・兄弟・子供さん、知人などの周りの方が、異変を感じたら、やさしく、手を差し伸べて解決へ導くために参考となればと編集部で解説いたしました。
こちらの記事は、編集部が作成しております。記事内容はこちらからご覧ください

運営(一社)家財整理センター

業歴20年・年中無休:クレーム0更新で安心
遺品整理・荷物整理・ゴミ屋敷片付け・家の片付けとメンテナンス
本店:埼玉県入間市上藤沢881-1
インボイスT9030005020032
営業店・ヤード等
所沢市・板橋区・戸田市・春日部市・桶川市・鶴ヶ島市・市川市等
写真・事例記事とフライバシー保護の取り扱い

お問合せ 電話/メールこちらから

主な取引実績(敬称略)

  • 不動産関連実績
    日税不動産情報センター・ミサワホーム東関東千葉支社・積水ハウス・住友林業ホームサービス調布店・京友不動産・大成有楽不動産・セキスイハイム不動産・東急リバブル・ドリームオン不動産・岡三興業など多数
  • 福祉関連実績
    獨協医科大学埼玉医療センター・東大和病院・久米川病院・行徳中央病院
  • 生活福祉関連
    板橋区志村福祉事務所・東村山市役所・所沢市役所・新座市役所・志木市役所・西東京市役所・川越市役所・坂戸市役所・ふじみ野市・東久留米市役所・春日部市役所・越谷市役所・草加市役所・川口市役所・川崎市役所・座間市役所・横浜市役所・さいたま市役所その他

《記事作成・監修者》
大野大助(おおのだいすけ) 1976年10月19日:生まれ
空き家管理士・一般社団法人家財整理センター代表理事
・ハウスクリーニング業歴5年・リフォーム業歴7年・家財整理業歴20年
大野大助プロフィールの詳細